投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

日本の大自然を満喫!

イメージ
再び、富山へやって来ました。

天気は、雨マークで、残念~!と思っていましたが、
ぎりぎり持ちこたえてくれて、1日、精油の蒸留と、富山の大自然を満喫してきました。

今回は、ヨモギの蒸留を見学させて頂くために訪れました。


解説してくださったのは、アロマセレクトさんの坂本さん。 蒸留装置について、仕組み、立山から、どんな植物を蒸留するかなど、 お話してくださいました。
左がヨモギ、右がクロモジを蒸留中で、2つの香りがふわ~っと広がり、 香りだけでなくて、植物のエネルギーが一面に充満しています。

前回見学に伺ったときに、ヨモギはとても綺麗なブルーの精油と伺っていて、 ぜひともその色を見たかったので、今回特別にお声掛けくださったのですが、 念願のその精油に出会えて、とても興奮しました。 本当に綺麗なブルーです。


カモミール・ジャーマンもブルーの色をしていますが、 成分は異なるそうです。まだ研究段階で、詳しいことはわかっていません。
どんな香りかというと、 ニオイコブシや、クロモジほど、トップノートで香る強さはありません。
雑草と見間違えるような、低いところで、ひっそりと自生するヨモギの 植物のように、控えめな香りです。でも、とても懐かしい、知らぬ間に、 森林の中で味わっている香りって気づきます。
森に入ると、深緑の香りを感じますが、その中の1つなんだって 気づかせてくれました。
精油の不思議はまだまだ尽きませんが、 薬草としても、身体を温める効果としても、よく用いられるヨモギ。 精油は、今日は購入できませんでしたが、 ぜひ、トリートメントで試したいなぁと、今から楽しみです。

蒸留を見学した後、
実際に立山に自生している、木々を見に出かけました。
舗装はされているものの、とても急な山道を移動し、 揺れに揺れながら(笑)、森林ドライブを楽しみました。

地元の方が教えてくださいました。
富山湾でとれる魚は、日本全国の魚のほとんどの種類を採ることができるのだとか。 また、別の方が教えてくださいました。 立山の森林には、日本全国に自生する植物の多くを見ることができるのだとか。
魚も植物もより良い環境を求めて、自然にここ富山に集まるのでしょうか。 面白いし、とても興味深いです。

杉の木は、雪深くなる立山の環境でも生息できるため、
多くの杉が、植林されています。 植樹してから、材木とし…

瞑想とアロマ

イメージ
喉の調子がここ数日悪化し、なんとなく気分も冴えなくて、

こまったな~と思いながら、

喉のためのアロマセラピーケアを行いました。

うがいは、コップに一つまみの岩塩と、ティートリー精油1滴を入れて、

お水がなくなるまで、うがいします。

これを1日3回~5回。

1日で治るときもあれば、数日かかる日もありますが、

以前は抗生剤や炎症・痛み止めの薬を、数日のみ続けていたことを考えれば、

だいぶ自然療法で改善できる方法に救われています。

体の不調は、何かのサイン。

単純に喉が痛いで終えてしまわずに、

心や体が抱える根本に向き合うのも大切なこと。





とても素晴らしいタイミングで、

大内雅弘先生の「インナースマイル瞑想」のワークショップに

参加しました。

ヨガや太極拳、瞑想や呼吸法、

そのほか、東洋・西洋のさまざまな哲学やヒーリングを取り入れた

TaoZenメソッドを広め、国内外から支持を集めている方です。


日々、活動的に過ごしていると、

ついつい自分と向き合うことを忘れてしまいますが、

久しぶりに、「自分と内面」、「自分と体」、というつながりを

見つめる時間となりました。


先生のお話のテーマでもあった、

東洋医学に通じる五行六腑の考え方から見る「感情」。

「怒り」と「優しさ」・・・木

「傲慢さ」と「愛」・・・火

「不安」と「寛大さ」・・・土

「悲しみ」と「勇気」・・・金

「恐れ」と「柔軟性」・・・水

ネガティブ、ポジティブに表現される感情は、

表と裏の関係であり、

両方があるから、

生き抜く力になり、大切にしたいものを守る力となります。


ガブリエル・モージェイ先生も、

ロンドンでアロマセラピーを学んでいるとき、

感情と精神のバランスを取り戻すための東洋医学的な見方

を教えてくださいました。

私が目指しているのは、

そこから、精油のブレンドを導くということなので、

感情と精神のバランスを読み解くのは、

修行だな~と思いながら、

せっかくセルフセラピーの時間を頂いたので、

自分へのブレンドを考えました。





ワークショップ中、私の感情にあるものはなんだろうと考えながら、

揺るがない芯があるのは理解するのだけど、

「恐れ」という言葉が残りました。

「恐れ」もあるし、「心配」もなんだか心にあるな~と思い、

自宅に帰り、ベチバーとゼラニウムを選んで、お腹のトリートメントを。


その時の自分に合…

和精油と「香」

イメージ
昨日、IFPA会員のための無料勉強会を開催し、

「香」の世界と、「和精油」の世界にたっぷり浸って頂きました♪





人間の文化的な営みの中に、香りが関わり、

香りを「文化」として発展させてきた歴史があることを学んだのは、

大学生のときでした。

日本には、「香」を独自に発展させてきた歴史があることを

学びました。




ゆっくりと、≪心≫で香りを味わい、

香りは政治的な儀式から、自己を表現する手段としても用いられました。

ヨーロッパ圏で発展した香水と似ているところもあり、

似ていないところもあります。

体臭を消すためや、薬理作用を期待するためではなく、

純粋に「香」を味わい、奥ゆかしさを持ち、

さりげなく自己を魅了させる手段。

日本らしい考え方によって発展しています。


私がアロマセラピストを志したのは、

大学を卒業して数年後、

異なる目的からだと思っていました。

精油の香り成分で、心身のヘルスケアをしたいという思いで、

化学成分や心に与えるパワーなどを学んでいました。


日本の「香」と「アロマ」が最初は結びついていなかった私ですが、

それぞれの専門書を読み、香りの元となる植物を学んでいくうちに、

二つには共通点がたくさんあることに気づきました。


精油で抽出される香りも、「香」の香りも同じ植物が使われている!

サンダルウッドは白檀として親しまれていますが、

それ以外にも、

精油としても「香」としても使われている植物があります。

パチュリや、フランキンセンス、ミルラ、スパイクナード、

シナモン、など。

香りは目に見えるものではないし、

香りそのものも、精油と「香」とでは、

香りに違いがあります。

名前も、精油は英語表記、「香」では漢字表記で、

香りを嗅いだだけでは、植物を想像するのが難しいです。


「香」で利用されている香りの素材が、

外来のものであることを知り、どんなものが使われているのか

紐解いていくうちに、

古代は、インドやエジプト、アラビアの世界に期限を持つ香りの文化が、

ヨーロッパへ、そしてアジアへ、

2つに分かれていったわけなので、

結局のルーツは同じなんだと気づいてから、

西洋と和の融合を楽しむ機会が増えました。


「香」の世界と、和精油の新しい発展

古くから日本で親しまれてきた、「香」の楽しみ方とは別に、

最近では、和精油の生産がさまざまなエリアで盛んになっています。

精油…

救世主のヒソップ精油

イメージ
4月29日、IMSIセラピーフェスティバルが

盛況に終わりました♪

次のフェスティバルについての構想を練りながら、

いつもパワフルな嵯峨先生が、

昨日は、少しお疲れが出ているのか、

少しダウンぎみ。。

消化器系のエネルギーが落ちているかな、という感じだったので、

セリ科の精油をいくつか試香頂き、アロマ談で盛り上がりました。


私自身は、セリ科の精油の香りがあまり得意ではないのですが、

疲れが溜まり、消化器系がいつもより元気でないときには、

セリ科の精油を「良薬口に苦し」ではなく、「良薬鼻に苦し」笑

という気持ちで、セルフケアトリートメントに使います。

もちろん、セリ科の精油が好きな方もいらっしゃると思うので、

香りをまだ試したことがない方は、先入観を持たずに、ぜひ試してくださいね。

コリアンダーシードはセリ科の中でも芳香性の良い精油です。


ふと、嵯峨先生の気に留まったのは、セリ科ではなく、

「ヒソップ」の精油。

香りを嗅いでいるうちに、エネルギーが少し回復した様子の先生を見て、

ヒソップの力強さを感じました。


ローズマリーと同じシソ科で、香りもどこか同じものを連想させます。

植物で見ると、同じシソ科のラベンダーを思わせるような形です。

香りを試すと、ローズマリーの強壮作用と、

ラベンダーの優しさを合わせたような印象を持ちますが、

ローズマリーもヒソップも、ラベンダーも、成分は異なります。


その強壮作用は、力強さがあり、肺を強壮し、免疫機能を高め、

ヨーロッパでは、古代から大切な薬草の一つとして利用されてきました。

免疫力を高めたいときや、食欲が減退しているとき、

また、急性の疲労にも勧められます。

香りを嗅いでヒソップに惹かれた嵯峨先生には、

まさしくぴったりの精油でした。

今日は元気で笑顔の素敵な嵯峨先生に戻っています♪

ラベンダーやユーカリ・ラジアータに数滴ブレンドすると

使いやすいです。

GWなど、連休に入ると体調を崩すことが多い方や、

お休み明けに、なんとなく気力が戻らない・・・という時

にもおすすめですよ~(^^)。

※ヒソップの精油は、ケトン類の含有量が多く、乳幼児や妊婦、授乳中の方や、てんかん、発熱時

は使用を避けたほうが良い精油とされています。



ヒソップに限らず、

連休どこかにおでかけになる方は、ぜひ精油の携帯をおすすめします♪

気分が優れないときや、気…