トリートメントのブレンド


スクールで、セラピーをお受け頂くお客様をお迎えしました。

施術にお越し頂くのは、2度目。

ブログにアップしたかったのは、

お客さまとのコンサルで選んだ精油のブレンドが、

初回と今日で全く趣きが違くて、

興味深いと思ったからです。

ブレンドした精油の組み合わせを、ご紹介します。



1回目のブレンド:

フランキンセンス、ニオイコブシ、クロモジ、レモン、シナモンリーフ

お客さまとのお話の中で決まるブレンドには、

毎回、異なる驚きや発見があり、私にとっては新鮮な精油との出会いです。

この時も、なんとも面白い組合せになったな、と思いました。

日本の精油にとても興味をお持ちいただき、

使ってみたいというご意向がありましたので、

結果的に和精油では、ニオイコブシとクロモジを選びました。

そこにシナモンが加わるというのが、意外でした。

これが不思議と合う組合せ。

お身体は、少し停滞ぎみで、

疲労感や鬱滞感があり、循環を促し、活力がほしく、

精神は、穏やかさが欲しいというご意向。

フィジカル面の軽快さと活性化、メンタル面での落ち着き。

この二つを考察して生まれたのが、上のブレンドです。

シナモンリーフは、桂皮のようなツンとした香りよりもマイルドな甘さがあり、

循環を高めながらも、気持ちに甘くスパイシーなアクセントをくれます。

他の精油の香りを壊さずに1滴加えたら、とてもなじんでくれました。




2回目のブレンド:

ローズ、マージョラム、スパイクナード、ユズ 

お客さまから、

この暑さで眠りが浅く、だるさと眠さが辛いという訴えがあり、

始めはローズマリーや、ジュニパーはいかがかなと思ったのですが、

フィジカル面での辛さではないことが、話しながら感じとれました。

「心をぐーっと鎮静させて、落ち付きたい。」

というお話があり、180度チェンジ。

スパイクナードを差し出したとき、

この匂い苦手だったらベチバーにしようかなと思っていたのですが、

独特な香りを嗅いで頂いた瞬間、目の表情が変わりました。

「これ、すごく来ます。」=これ、すごく心に響きます。

ということでしょうか。

今日の出逢いはこれが正しいと実感し、

ここは直感ですが、ローズをお勧めしました。

スパイクナードとローズ。

とても深く、心を落ち着かせ、安堵と愛情を贈ります。

マージョラムは、前回のブログでも書きました。梅雨の季節にお勧めの精油。

ユズも、東洋医学アロマでは「燥」に属します。
籠ってしまった熱を循環させ、バランスを整えます。

施術中は、とてもぐっすりとされていました。


トリートメントの前の香りとの出会い、

とても好きな時間です。

次の出逢いも楽しみです。


最後までお読み頂きありがとうございます。

シナモンリーフ

担当講座のご案内

国際プロフェッショナル  アロマセラピーディプロマコース

大切な人のために学ぶアロマセラピー3Dayコース

アロマセラピートリートメント バリエーションアップ講座

アンチエイジングヘッドスパ講座

メリディアンアロマフェイシャル講座

クレンジングとハーバルクレイマスク講座


自然療法の国際総合学院IMSI

コメント

人気の投稿

梅雨の時期にはこんなアロマを♪

アロマのブレンディングとセルフケア

アロマの学びはエンドレス~!

セラピーボランティア vol.2

フェイシャル新講座のご紹介♪