セラピーボランティアvol.4


5月もセラピーボランティアに行ってきました。

通常4名の方のご予約をお受けしていますが、

ありがたいことに、今回は5名の方にご希望いただきました。


さすがに、5名をお受けすると、腰が痛いです。。。汗

セラピーの部位が、腰や背中となると、

体勢を崩した状態での施術となることも多く、

しんどい、、と思うことも正直ありますが、

患者さんのリラックスした表情を見ていると、

体勢を忘れて一心にほぐしながら、

嬉しい気持ちがじわじわ、慈愛精神がじわじわ出てきます(^^♪


最初に伺った70代の女性。

浮腫みが酷くて、自分の足を見るのが辛いと

おっしゃっていました。

受け止めきれない気持ちがあって当然。それが人間というもの。

心の中では「私が来たからもう大丈夫。その気持ち共感し合いましょう。」

そんな思いを勝手に抱きながら、寄り添えることに嬉しさを感じます。




ゆっくりと、柔らかい圧で、じんわりと足を揉んでいきます。

患者さんがおっしゃいました。
「自分でも見るのが辛いって目を背けていたけれど、
 こうやって触ってもらうと、温かさや気持ち良さをちゃんと感じて、
 大切な体なんだって、思えるわね。」

あぁ、良かった。これがセラピストの何よりものやりがいです。

揉んでもらって、浮腫みが改善されたことを喜んでもらいたいのもそうですが、

患者さんは、タッチングによる心地よさを感じて、

自分という存在を実感しているのかもしれないな、って思う時があります。


痛いとか、重だるいとか、なんでこんな体調なんだろうとか、

そうやって思うことが多くなっていた感情から、

心地良い、気持ちいい、楽になった、っていう感情で満たされたら、

セラピーは素晴らしい時間となり、心のエネルギーになると思います。

物理的な体調の回復を願うことだけでなく、

ハッピーな気持ちを贈ることができる、

それが補完療法の現場のセラピーです。もちろんセラピー全般に言えること。

月に一度のボランティアなので、もうこの患者さんにお会いすることは

ないかもしれない。。

だけど、ひと時、心と身体に一緒に寄り添ったセラピストがいたことを

覚えてて、その時のじわじわしたハッピーの感情を

また思い出して頂けると嬉しいです。

脳内で言えば、幸せホルモンが出ている、ということですね♪


そうそう、嬉しいことがありました。

以前のブログで、お伝えしていた、20代の男性の患者さん。

今回2か月ぶりに伺ったら、とても回復されていて、

初めておしゃべりしました。

お母さまの、嬉しそうな表情に、私も元気を頂きました。

私も幸せホルモン出てます(^^♪

最後までお読み頂きありがとうございます。

今回もさまざまな気づきを頂き、心地よく疲れました。
帰り道はとーってもゆっくり歩きながら、心身のリリースをします。
静かな夜風が気持ちいい気候で嬉しいです。
人と関われることに、また感謝。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
担当講座のご案内

芳香植物蒸留会

国際プロフェッショナル  アロマセラピーディプロマコース

大切な人のために学ぶアロマセラピー3Dayコース

アロマセラピートリートメント バリエーションアップ講座

アンチエイジングヘッドスパ講座

メリディアンアロマフェイシャル講座

クレンジングとハーバルクレイマスク講座


自然療法の国際総合学院IMSI

コメント

人気の投稿

梅雨の時期にはこんなアロマを♪

介護施設でアロマセラピー

アロマのブレンディングとセルフケア

キース・ハント氏、来日ワークショップ準備

アロマの学びはエンドレス~!