セラピーボランティア vol.2


今月の病院でのセラピーボランティアに行ってきました。

施術させて頂いたのは5名です。

80歳近い方、20歳前後の方 女性も男性も、

今日は様々な方とお話できて、とっても楽しい時間でした。




前回のセラピーボランティアブログでお話した、

20代の男性

今回で4回目です。

お母さまから

「今日のマッサージをとっても楽しみにしていて、

 ちゃんと味わうために、眠たくならないように、

 後がだるくなる治療はしないで待ってたのよ。」

となんだか嬉しいお言葉。

今日は、顔色もよくて、

お話は難しいのですが、

私の圧の確認や、部位の確認にも目でしっかりと

反応してくれます。

背中周りの浮腫みがいつもより気になり、

背中をゆっくりゆっくり摩りながら、

身体の水分の流れも感じていきます。

30分が あっという間です。

次の患者さんのところに行かなきゃ~と思いながら、

またオーバーしてしまいました。

患者さんの心地良さそうな表情を見ていると、

なかなか終わりです、と言えないんです。

「はい、お疲れさまでした。これで終わります。」

この一言を言うのがとっても辛いんです。(笑)

どれだけ楽な時間なのか、

本当にリラクセーションできているのか気にしながらも、

終わるころに、眠っていたり、

セラピーを受けていることに集中しているお顔を見ると、

心地よい時間を共有できた幸せを、

患者さんに感謝する気持ちが自然と湧いてきます。


今日最後の患者さんも、とても印象深い方でした。

物静かで、穏やかに、たんたんとしていたので、

看護師さんに勧められて、なんとなく受けてみる感じかな、

と思って、リフレクソロジーを始めました。

とても静かな時間。

お互いに一言も話しません。

でも穏やかな時間が流れていました。

ふと患者さんに目をやると、

涙が流れていました。

どれだけの感情があるのか、

私は考えが及んでいなかったんだと

反省しながらも、

必ずしも必要とされていないかもしれないセラピーの価値は、

この瞬間素晴らしいものであると、

私とその患者さんは感じているな、と思います。

これって、ロンドンでキースさんのお話を聞いている

時も感じた気持ち。

キースさんに今日の出来事を報告したくなりました(笑)。

何かを話すこともなく、

30分が終わりました。

でも、患者さんの体はとっても温かくなって、

最後に、「とっても気持ち良かったです。ありがとう。」

とおっしゃられ、笑顔が見れました。

また、幸せのお裾分けを頂きました。




最後までお読み頂きありがとうございます。

またご宣伝ですが、キースさん、来日します。

補完療法の難しさも素晴らしさも、体験してきた方です。

ぜひいらしてくださいね(^^)/

キース・ハント氏来日セミナー(東京開催)はこちら


コメント

人気の投稿

梅雨の時期にはこんなアロマを♪

介護施設でアロマセラピー

アロマのブレンディングとセルフケア

キース・ハント氏、来日ワークショップ準備

アロマの学びはエンドレス~!