ロンドン臨床アロママッサージ研修ツアー②


ロイヤルフリーホスピタルを訪れたのは今回が2回目となりました。

以前このエリアに留学していた頃は、ご縁がなかったのですが、

帰国してから1年の間に2回もキースさんにお会いできるとは、

本当に嬉しい限りです。





















ロイヤルフリーホスピタルは以前のブログでもご紹介しましたように、

とても大きな病院です。

病床数1000床近い規模があり、様々な疾患を抱えた患者さまが入院されています。


















研修参加者30名、ぞろぞろと徒歩で向かい、

病院内になる講堂で1日目の研修が始まりました。

病院内にあるとは思えない大きな講堂で、

ツアーに参加頂いた方々の自己紹介を行いました。


全国各地から、セラピストや医療従事者、介護福祉士、鍼灸マッサージ師が集まり、

それぞれの方のツアーへの想いなどをお聞きしました。


昨年私は一人で研修に臨みました。

正直、初めての病院へ、しかも日本ではない場所で

初めてお会いする方々という 様々な緊張と不安がありましたが、


今回は、同じ志しを持った方々がこんなにいて、

とても嬉しい、改めて私が活動していること、もっと広めたい!

という気持ちになりました。

全国に盟友ができました!とても感謝しています。



















ツアーに参加された方は、

日本でもっと院内でのアロママッサージを広めたいけれど、

・なかなか病院の理解が得られない、

・いかにアロママッサージによるリラクゼーションが患者さまのQOLを向上させるかを上手く説明できない。

・活動したいけれど、特殊なスキルが必要ではないか。

・ボランティアではなく、仕事として活動できないか。

などの問題があり、積極的になれないという意見もありました。



私自身もそう感じることがあります。

ただ、アロママッサージは必ず患者さまの役に立てるという、疑いのない気持ちは

30名の方々から沸々と伝わってくるものがありました。



キース氏もその想いはすぐにキャッチされのでしょう。

私たちの学ぶ姿勢や目がとても輝いていて、

素晴らしいと何度も繰り返しおっしゃってくださいました。


志しや、活動への希望は誰にも負けない、ツアー参加者全員の気持ちだと思います。

なので、私も最大限にツアーをサポートしなくてはと思い、エネルギーが溢れてきました。



1日目の午前は、クレア・マクスウェル・ハドソン先生による講演が行われました。

クレア先生は、キース氏の恩師でもあります。

15歳からマッサージを始め、世界へ旅行に行くたびにさまざまな国のマッサージを学ばれ、

マッサージの学校を長年されていました。

お話の中では、とても貴重な経験を伝えてくださり、また、

マッサージを行う者としての心構え、優しさ、愛情、など惜しみなく教えて頂きました。


マッサージの技術を教えてくれる先生はたくさんいます。

でも、施術をするために必要な精神を論じてくださる方は多くありません。

でもそれが一番大事です。


私も講師として学ぶものがたくさんありました。

話がどんどん長くなってしまうので!

クレア先生のご講演については、次回たっぷりお伝えさせてください!










コメント

人気の投稿

アロマのブレンディングとセルフケア

アロマの学びはエンドレス~!

セラピーボランティア vol.2

セラピーボランティア vol.3

頑張るご家族へアロマブレンドを