アロマセラピーと東洋医学 ガブリエル・モージェイ来日セミナー⑦


ロンドンで、ガブリエル先生の講義を受けていた時、

たくさんの知らない精油や植物に出逢いました。


ブラックスプルースや、ローレル、キャラウェイ、ヤロウ、ヒソップなど、

知らない精油が他にもあって、 初めて嗅いだ時の感動は、今でも覚えています。


アトラスシダーや、ヒマラヤンシダーも ロンドンでは、深く知ることができた精油です。

世界遺産キューガーデンズでは、実際の大木も見ることができ、

シダーの香りが好きになったのも、ロンドンに行ってからでした。

これらの精油は五行の「金」とも関わりますが、

「水」を代表する精油でもあります。


水は、生命ととても深く関わっています。

水がなければ、生命は存在せず、東洋医学でも、「水」は生命の源です。


生命の源である生殖機能とも関わる「水」ですが、

ガブリエル先生は、「水」のスピリットを、


意志や、忍耐力、困難な状況に立ち向かうパワーの源としています。


自らの意志がなければ、どんなに環境に恵まれていても、行動は起こりません。

逆に意志が強ければ、逆境に耐えることができます。

これは生命力ともいえます。



シダーウッドやジュニパーベリーの精油は、生理活性作用的にみても

身体の水分バランスに働きかけ、むくみケアに利用されています。









3日間のセミナーは、朝から夕方まで内容の濃い~授業でした。

でもあっという間でした!

もっともっとお聞きしたかったです!

最後に、「金」と「水」の繋がりが急に曖昧になって、

スタッフ同士で議論して、

まだまだ学びは続いています。


私の実践経験や症例のご紹介はこれからも授業やブログでお伝えしていきます!



アロマセラピー×東洋医学


もっともっと議論したい方は、IMSIへお気軽にお越しください!
お待ちしております!






表参道にある自然療法の国際総合学院IMSI
http://www.imsi.co.jp/index.html
























コメント

人気の投稿

梅雨の時期にはこんなアロマを♪

アロマのブレンディングとセルフケア

介護施設でアロマセラピー

アロマの学びはエンドレス~!

セラピーボランティア vol.2