アロマセラピーと東洋医学 ガブリエル・モージェイ来日セミナー⑤


陰陽五行説のお話の後は、

それぞれのエレメントに関わりの深い経絡と経穴のおはなしと、実習が行われました。


アロマセラピートリートメントでは、

精油のブレンドオイルを使って、スウェディッシュマッサージを行います。


そこに、東洋医学の考えに基づき、経絡の流れにそってトリートメントを行い、

気血の鬱滞を取り除いていくようにアプローチしていきます。


ゆっくりと、スムーズに流れていく「気」をイメージしながら、

穏やかでも深い圧を加えていきます。





経穴の作用と、精油の作用を重ね合わせて、

同時に利用していくと、 相乗効果を生む様で、

受講生も納得。


精油は、鼻から、肺から、皮膚から、

成分が心身へ取り込まれていきますが、

経絡・経穴へのアプローチと精油、

2つからのアプローチは身体を巡る「気」を力強く動かしていきます。







精油のブレンドは、各五行にそって、ガブリエル先生がブレンドオイルを決めてくださいました。


教室中が精油の香りに満たされ、

特に「火」のイランイランと、「土」のベチバーを使った時は、かなり強烈で、

香りの持つエネルギーって

本当に、体験すればするほど実感していきます。


肩が緩み、芯がしっかりしてくる感覚が面白かったです。


経絡、経穴を意識することで、アロマセラピートリートメントの幅がぐーんと広がりました!






セミナー主催:アロマセラピーの国際総合学院IMSI
http://www.imsi.co.jp/course/aroma/dynamic.html











コメント

人気の投稿

梅雨の時期にはこんなアロマを♪

アロマのブレンディングとセルフケア

介護施設でアロマセラピー

アロマの学びはエンドレス~!

セラピーボランティア vol.2