2015年6月11日木曜日

インガ・ドーガン先生来日!




南アフリカでリフレクソロジーを国家資格に導いたインガ・ドーガン先生が来日されます。

私が講師を務める自然療法の国際総合学院では、2015年6月13日(土)・14日(日)、

渋谷のフォーラムエイトにて、来日セミナーを開講します。

http://www.imsi.co.jp/course/refle/touyou.html


今回のテーマは 「腸内環境と東洋医学」


最近、医療現場でも腸内環境に関する新たな研究が進んでおり、テレビや本でも
その重要性について目にする機会が増えました。

腸内環境によって、腸の健康だけでなく、アレルギー疾患や精神的な疾患をも左右すると言われています。

日本でも、昔から漬物や納豆、味噌などの発酵食品は滋養強壮の食品として親しまれてきましたし、西洋では、チーズやヨーグルトを食してきました。

しかし、近代の食事事情の変化によって、腸内バランスの維持にも変化が起きています。

発酵食品の摂取の減少、添加物の多い食事の影響で、私たちの腸はとても厳しい環境を強いられています。

日本は添加物大国と言われています。
いつまでも美味しく食べれる食事は、実は腸には嬉しくない食事なのです。

地球の自然環境のバランスを考えるのと同じくらい、
私たちの腸内バランスの環境を考えることは とても大事なことです。


東洋医学では、ホリスティックな観点と「陰陽五行」に基づき、個々人の体質や体調、心の状態までじっくりと観察していきます。
腸が心身の状態を左右するのであれば、心身の状態を注意深く観察すれば、腸の状態がわかってくるという逆説も考えられます。

リフレクソロジーの第一人者インガ・ドーガン先生の長年の研究から、
「診断学」「栄養学」「施術方法」を解説頂き、
その神髄を伝授して頂ける またとない機会です。

私もまだまだ リフレクソロジーは勉強中の身です!
この日をとても楽しみにしています。

そして、会場で多くの自然療法家の生徒さんとお会いできるのも楽しみにしています!




0 件のコメント:

コメントを投稿