2017年3月22日水曜日

第6回IMSIセラピーフェスに向けてアロマ研修~


4/29(土)に開催される第6回IMSIセラピーフェスティバルに向けて、

本日2回目のアロマセラピートリートメント研修を行いました。

毎回、ありがたくも満員のご予約を頂くので、

今回もIFPA在校生・卒業生の方が

日ごろの活躍をさらに発揮して頂ける場として、

最大に盛り上がるように、研修にも力が入っています!


セラピーフェス・アロマ研修



セラピーフェスは、IMSIでお伝えしている自然療法を

もっと多くの方に知っていただき、

在校生・卒業生がセラピストとしてお客さまに施術をする機会を提供する

ことを目的に始まったセラピーのイベントです。


IMSIのセラピーを存分に楽しんでいただけるので、

アロマとディエンチャン、リフレクなど、

まるごと受けるかたもいらっしゃいます。


アロマセラピートリートメントでは、

英国式アロマセラピーをたっぷり体験して頂くために、

IFPAディプロマコースの受講生・卒業生の方が施術を担当します。


アロマセラピートリートメントといえば、

「けっこうお値段が高くて、頻繁に受けられない・・・」

と感じる方も多いかもしれませんが、

フェスでは、40分のトリートメントを2.000円で受けることができます。

とってもリーズナブルに、オーガニックなアロマの香りに癒されながら、

トリートメントが受けられますよ!

(下の写真↓は、前回のフェスでご活躍されたセラピストさんたちです!)


第5回セラピーフェス・アロマセラピスト

今日の研修では、トリートメントの際に、

「丹田」に気を集めましょう。というアドバイスを何度かしました。

頭で考えていることが多かったり、緊張して呼吸が浅くなると、

気が上ってきて、体重移動がうまくできなかったり、

腕の力に頼ろうとしたりします。

「丹田」を意識するような感覚を持ち、

気を落として、施術に集中すると、

トリートメントが変わります。

「さっきと全然違うよ!」

施術の受け手から、そんなコメントが出ました。

不思議なのですが、本当に違いがわかります。


私は施術スタッフとして毎回参加しています。

たくさんの方に喜んで頂けるので、

終わったときの心地よさはとても達成感があります。

今回もご応募くださったセラピストさんと一緒に

楽しくアロマを盛り上げていきますよ~!

お楽しみに!


第6回IMSIセラピーフェスティバルはこちらから



2017年3月15日水曜日

アロマの学びはエンドレス~!


今日はとーっても寒かったですね。

3月に入って春を感じることが増えてハッピーだったのに、

今日のこの寒さは、久々に堪えましたね。

寒い~!と思いながら、今日は図書館に出かけました。

普通の図書館ではなくて、香り図書館へ。

フレグランスジャーナル社さんが、開館してくださっている、

香りにまつわる本、ハーブなどの植物の本だけを閲覧することができる

図書館です。絶版になっている本や、最新の本まで、

香りとハーブの本が揃っていて、1日いても飽きません。


スタッフの方もとっても親切で、本を一緒に探してくれたり、

オススメの本を紹介してくれました。

スタッフの方と春にいい香りって何だろうという話になり、

初めてお会いしたのに、香りにまつわるお話がすすみ、

図書館なのに(笑)、ほんわか優しい素敵な時間を頂きました。


家にも、アロマセラピーを学び始めてから、

たくさん本を買い集めてきましたが、

まだまだ知らない本がいーっぱいあって、尽きないです。

そう、アロマセラピーを学び始めると、



たーくさんのジャンルが関連しているので、

学びを深めれば深めるほど、もっと学びたくなるんです。

学びとともに、自分で研究する探究心も必要です。


☆アロマセラピストってどんな学びをしているの?

そんな疑問に、いったい何を勉強しているのかというと、


◆アロマセラピーでまず学ぶこと

1.基本的なアロマセラピーの行い方

2.芳香植物の特徴

3.香りのブレンド法

4.薬用植物の歴史、アロマセラピーの歴史

5.自然療法、植物療法

6.芳香植物の有機化学、安全性

7.植物油・ハイドロゾルの特徴


◆アロマセラピーを行ううえで学ぶべきこと

1.統合療法、補完療法

2.コンサルテーション方法

3. 高齢者、乳幼児、妊産婦などスペシャルな対応

4.ホスピタリティ、倫理、法律への理解 など

5.対症療法、ホリスティック、両方の視点で選ぶブレンド学

◆アロマセラピートリートメントを行ううえで学ぶこと

1.トリートメント技術

2.タオルワーク

3.サービス・ホスピタリティ論


◆心と身体に接するために学ぶこと

1.解剖生理学

2.体表解剖学

3.心理学

などなど。


これからアロマセラピーを学ぼうって思っている方、

え~!こんなに学ぶの? と驚きましたか?


私が学び始めたとき、実際ここまで学ぼうとは考えていませんでした(笑)

10年近く学び続けてようやく見えてきました。

結果的に、こんなに学んでいたんだと(^^♪


「好きこそものの上手なれ」

私は、よくこの言葉を思い出します。

身体のこと、心のこと、癒されながら、

学びながら元気になるヒントがいっぱい身につきます。

とっても幸せだなって思いますよ~!


人間が健康でいられる知識・知恵は、

たーくさんあるし、まだまだ知らないことはたくさんあります。

知識は多ければ多いほど、上手に活かせれば、

かけがえのない知恵になります。

ハッピーに生活できるヒントをこれからも学んでいきます(^^♪




帰りに、神さまにお礼のお祈りをしてきました。

図書館の近所にある東京大神宮。

「これからも元気に頑張れて、みんなが平和で健康で、繁栄しますように!」

いろんな方の笑顔が、目に浮かびました。

そして、今日で御朱印帳が一冊終わりました。



季節も変わり、新しい気持ちで、新しい一歩が進められそうです♫


日々セラピストとして活動していること、学んだことは、
自然療法の国際総合学院IMSIでお伝えしています。
アロマセラピーのこと、自然療法のこと知りたい!という方は、
お気軽にご連絡ください。
自然療法の国際総合学院IMSIサイト


2017年3月8日水曜日

2017年春!IMSIでアロマセラピーを学ぼう!


卒業シーズンがやってきましたね。





3月は、IMSIのIFPAディプロマコースも1年の節目を迎えます。

4月と7月に始まった73期と75期の受講生は、今月が最終クラスとなり、

2016年度もいよいよ終盤です。

約1年間、アロマセラピーを共に学んだ仲間は、

今後も励まし合い、切磋琢磨できる最高の同志となりますね!

気持ちが通じ合う仲間の存在はとっても大きいです。

私も、アロマ理論と実技のクラスを担当させて頂き、

とても楽しく笑い溢れる話題や、真剣な意見交換などができ、

さまざまな学びがありました。

担当させて頂けたことに感謝しています♪





さてさて、、、

IMSIでは、新しい期に向かって、来年度の準備を着々と進めています!

在校生・卒業生のための新しい講座の新設や、来日セミナー・勉強会の企画もあり、

2017年も、アロマセラピーの学びを深めていける内容をご用意していますので、

ディプロマコースをご卒業されても、ブラッシュアップにぜひいらしてくださいね!

新設の公開講座は、まもなくアップ予定です!





そして、、、

新しくアロマセラピーを学ぼうと気持ちを新たにしている方へ。

私も、最初はアロマという言葉も知らない時に、

精油と出会い、自然療法の学びをスタートしました。

初めて知ることばかりだったけど、

授業を受けること自体が、自分の心身のケアにつながっていくことは、

学びながらずっと感じてきたこと。

授業についていけるか心配な方は、ただただ授業を受けてください(笑)。

その時間は、とても価値ある時間になるでしょう。





初めて新しい分野に挑戦するというのは、

イメージが湧かないことも多いので、不安があります。

お仕事しながらできるかな・・・

家族の協力は得られるかな・・・

他の生徒さんとうまくやっていけるかな・・・

など、様々な疑問や不安があると思います。


そこで、ここ数年、どんな方がIMSIでアロマセラピーを学ばれているか、

ご紹介させて頂きます。


◇ご年齢:30代・・・40%、
     40代・・・30%、
     20代・・・20%、
     50代・・・10%、

学ぼうと思われるタイミングに、年齢は関係ありません。
セラピーを職業にしたい方も、ご退職後のライフワークにしたい方も、
様々なご世代の方が、楽しく学ばれています。
   
◇地域:関東エリアだけでなく、
  
   北海道・青森県・福島県・静岡県・山梨県
   長野県・大阪府・京都府・三重県・沖縄県

など、ご自身のスケジュールに合わせて全国から学びに来ています。

◇職業:販売・サービス業・・・50%、医療関係のお仕事・・・20%
    事務職・・・10%、介護福祉関係・・・5%、
    ヨガ・スポーツインストラクター・・・5%、
    主婦・・・5% 
  
そのほかにも、美容関係でお仕事をされていた方や、
もともとエステサロンやボディワークのお仕事をされていた方も
解剖生理学や精油の知識をさらに深めようと
学ばれています。
   
私もアロマセラピストになる前は、全く畑違いの仕事をしていました。
誰かを癒したいとか、誰かの役に立ちたちという気持ちは、
職業に関係なく、アロマセラピーを通して活かすことができます。

◇受講のきっかけ:香りに癒された経験から、
        自分の病気や怪我がきっかけで、
        家族の病気がきっかけ、
        マッサージを受けるのが好き、
        今の仕事が続けられるか不安、
        講師のブログを読んで、

◇受講の目的:自分の健康のため、家族の健康のため、
      今の仕事に活かしたい、新たな自分の可能性、
      医療や介護で活躍したい、一流ホテルで働きたい、
      海外で活躍したい、ボランティアをしたい、



と人それぞれ。私がアロマセラピーを始めたきっかけは、
自分の健康を自分で管理できるようになりたい、という気持ちからでした。

最初は、アロマの香りに癒され、
どんな香りがあるのか知りたいという強い好奇心のみでしたが、

精油の特徴や、解剖生理学や、自然療法の考え方を学ぶうちに、
自分の身体のことを今まで何も理解していなかった、
健康って、薬やサプリメントに頼るだけでなく、
もっと出来ることがある!

そう気づけたことが、とても大きかったです。




始めから今の自分を想像していたわけではありません。
少しずつ、アロマセラピーを学びながら、
自分の心と身体の声に耳を傾け、
できることから始めていくうちに、

今度は、誰かを癒したい、人を癒すってこんなに幸せなんだって
思えるようになりました。



「私でも、学べるかな・・・」と気持ちが躊躇して、
はかなか踏み出せなければ、ぜひIMSIで、その思いを聞かせてください。
そして、私からも、アロマのことをお話させてください。
あなたの心に響く自然療法の考え方、アロマの活かし方、
お伝えしたいです。




お気軽にスクールへどうぞ♪

自然療法の国際総合学院IMSI