投稿

2017の投稿を表示しています

日本の大自然を満喫!

イメージ
再び、富山へやって来ました。

天気は、雨マークで、残念~!と思っていましたが、
ぎりぎり持ちこたえてくれて、1日、精油の蒸留と、富山の大自然を満喫してきました。

今回は、ヨモギの蒸留を見学させて頂くために訪れました。


解説してくださったのは、アロマセレクトさんの坂本さん。 蒸留装置について、仕組み、立山から、どんな植物を蒸留するかなど、 お話してくださいました。
左がヨモギ、右がクロモジを蒸留中で、2つの香りがふわ~っと広がり、 香りだけでなくて、植物のエネルギーが一面に充満しています。

前回見学に伺ったときに、ヨモギはとても綺麗なブルーの精油と伺っていて、 ぜひともその色を見たかったので、今回特別にお声掛けくださったのですが、 念願のその精油に出会えて、とても興奮しました。 本当に綺麗なブルーです。


カモミール・ジャーマンもブルーの色をしていますが、 成分は異なるそうです。まだ研究段階で、詳しいことはわかっていません。
どんな香りかというと、 ニオイコブシや、クロモジほど、トップノートで香る強さはありません。
雑草と見間違えるような、低いところで、ひっそりと自生するヨモギの 植物のように、控えめな香りです。でも、とても懐かしい、知らぬ間に、 森林の中で味わっている香りって気づきます。
森に入ると、深緑の香りを感じますが、その中の1つなんだって 気づかせてくれました。
精油の不思議はまだまだ尽きませんが、 薬草としても、身体を温める効果としても、よく用いられるヨモギ。 精油は、今日は購入できませんでしたが、 ぜひ、トリートメントで試したいなぁと、今から楽しみです。

蒸留を見学した後、
実際に立山に自生している、木々を見に出かけました。
舗装はされているものの、とても急な山道を移動し、 揺れに揺れながら(笑)、森林ドライブを楽しみました。

地元の方が教えてくださいました。
富山湾でとれる魚は、日本全国の魚のほとんどの種類を採ることができるのだとか。 また、別の方が教えてくださいました。 立山の森林には、日本全国に自生する植物の多くを見ることができるのだとか。
魚も植物もより良い環境を求めて、自然にここ富山に集まるのでしょうか。 面白いし、とても興味深いです。

杉の木は、雪深くなる立山の環境でも生息できるため、
多くの杉が、植林されています。 植樹してから、材木とし…

瞑想とアロマ

イメージ
喉の調子がここ数日悪化し、なんとなく気分も冴えなくて、

こまったな~と思いながら、

喉のためのアロマセラピーケアを行いました。

うがいは、コップに一つまみの岩塩と、ティートリー精油1滴を入れて、

お水がなくなるまで、うがいします。

これを1日3回~5回。

1日で治るときもあれば、数日かかる日もありますが、

以前は抗生剤や炎症・痛み止めの薬を、数日のみ続けていたことを考えれば、

だいぶ自然療法で改善できる方法に救われています。

体の不調は、何かのサイン。

単純に喉が痛いで終えてしまわずに、

心や体が抱える根本に向き合うのも大切なこと。





とても素晴らしいタイミングで、

大内雅弘先生の「インナースマイル瞑想」のワークショップに

参加しました。

ヨガや太極拳、瞑想や呼吸法、

そのほか、東洋・西洋のさまざまな哲学やヒーリングを取り入れた

TaoZenメソッドを広め、国内外から支持を集めている方です。


日々、活動的に過ごしていると、

ついつい自分と向き合うことを忘れてしまいますが、

久しぶりに、「自分と内面」、「自分と体」、というつながりを

見つめる時間となりました。


先生のお話のテーマでもあった、

東洋医学に通じる五行六腑の考え方から見る「感情」。

「怒り」と「優しさ」・・・木

「傲慢さ」と「愛」・・・火

「不安」と「寛大さ」・・・土

「悲しみ」と「勇気」・・・金

「恐れ」と「柔軟性」・・・水

ネガティブ、ポジティブに表現される感情は、

表と裏の関係であり、

両方があるから、

生き抜く力になり、大切にしたいものを守る力となります。


ガブリエル・モージェイ先生も、

ロンドンでアロマセラピーを学んでいるとき、

感情と精神のバランスを取り戻すための東洋医学的な見方

を教えてくださいました。

私が目指しているのは、

そこから、精油のブレンドを導くということなので、

感情と精神のバランスを読み解くのは、

修行だな~と思いながら、

せっかくセルフセラピーの時間を頂いたので、

自分へのブレンドを考えました。





ワークショップ中、私の感情にあるものはなんだろうと考えながら、

揺るがない芯があるのは理解するのだけど、

「恐れ」という言葉が残りました。

「恐れ」もあるし、「心配」もなんだか心にあるな~と思い、

自宅に帰り、ベチバーとゼラニウムを選んで、お腹のトリートメントを。


その時の自分に合…

和精油と「香」

イメージ
昨日、IFPA会員のための無料勉強会を開催し、

「香」の世界と、「和精油」の世界にたっぷり浸って頂きました♪





人間の文化的な営みの中に、香りが関わり、

香りを「文化」として発展させてきた歴史があることを学んだのは、

大学生のときでした。

日本には、「香」を独自に発展させてきた歴史があることを

学びました。




ゆっくりと、≪心≫で香りを味わい、

香りは政治的な儀式から、自己を表現する手段としても用いられました。

ヨーロッパ圏で発展した香水と似ているところもあり、

似ていないところもあります。

体臭を消すためや、薬理作用を期待するためではなく、

純粋に「香」を味わい、奥ゆかしさを持ち、

さりげなく自己を魅了させる手段。

日本らしい考え方によって発展しています。


私がアロマセラピストを志したのは、

大学を卒業して数年後、

異なる目的からだと思っていました。

精油の香り成分で、心身のヘルスケアをしたいという思いで、

化学成分や心に与えるパワーなどを学んでいました。


日本の「香」と「アロマ」が最初は結びついていなかった私ですが、

それぞれの専門書を読み、香りの元となる植物を学んでいくうちに、

二つには共通点がたくさんあることに気づきました。


精油で抽出される香りも、「香」の香りも同じ植物が使われている!

サンダルウッドは白檀として親しまれていますが、

それ以外にも、

精油としても「香」としても使われている植物があります。

パチュリや、フランキンセンス、ミルラ、スパイクナード、

シナモン、など。

香りは目に見えるものではないし、

香りそのものも、精油と「香」とでは、

香りに違いがあります。

名前も、精油は英語表記、「香」では漢字表記で、

香りを嗅いだだけでは、植物を想像するのが難しいです。


「香」で利用されている香りの素材が、

外来のものであることを知り、どんなものが使われているのか

紐解いていくうちに、

古代は、インドやエジプト、アラビアの世界に期限を持つ香りの文化が、

ヨーロッパへ、そしてアジアへ、

2つに分かれていったわけなので、

結局のルーツは同じなんだと気づいてから、

西洋と和の融合を楽しむ機会が増えました。


「香」の世界と、和精油の新しい発展

古くから日本で親しまれてきた、「香」の楽しみ方とは別に、

最近では、和精油の生産がさまざまなエリアで盛んになっています。

精油…

救世主のヒソップ精油

イメージ
4月29日、IMSIセラピーフェスティバルが

盛況に終わりました♪

次のフェスティバルについての構想を練りながら、

いつもパワフルな嵯峨先生が、

昨日は、少しお疲れが出ているのか、

少しダウンぎみ。。

消化器系のエネルギーが落ちているかな、という感じだったので、

セリ科の精油をいくつか試香頂き、アロマ談で盛り上がりました。


私自身は、セリ科の精油の香りがあまり得意ではないのですが、

疲れが溜まり、消化器系がいつもより元気でないときには、

セリ科の精油を「良薬口に苦し」ではなく、「良薬鼻に苦し」笑

という気持ちで、セルフケアトリートメントに使います。

もちろん、セリ科の精油が好きな方もいらっしゃると思うので、

香りをまだ試したことがない方は、先入観を持たずに、ぜひ試してくださいね。

コリアンダーシードはセリ科の中でも芳香性の良い精油です。


ふと、嵯峨先生の気に留まったのは、セリ科ではなく、

「ヒソップ」の精油。

香りを嗅いでいるうちに、エネルギーが少し回復した様子の先生を見て、

ヒソップの力強さを感じました。


ローズマリーと同じシソ科で、香りもどこか同じものを連想させます。

植物で見ると、同じシソ科のラベンダーを思わせるような形です。

香りを試すと、ローズマリーの強壮作用と、

ラベンダーの優しさを合わせたような印象を持ちますが、

ローズマリーもヒソップも、ラベンダーも、成分は異なります。


その強壮作用は、力強さがあり、肺を強壮し、免疫機能を高め、

ヨーロッパでは、古代から大切な薬草の一つとして利用されてきました。

免疫力を高めたいときや、食欲が減退しているとき、

また、急性の疲労にも勧められます。

香りを嗅いでヒソップに惹かれた嵯峨先生には、

まさしくぴったりの精油でした。

今日は元気で笑顔の素敵な嵯峨先生に戻っています♪

ラベンダーやユーカリ・ラジアータに数滴ブレンドすると

使いやすいです。

GWなど、連休に入ると体調を崩すことが多い方や、

お休み明けに、なんとなく気力が戻らない・・・という時

にもおすすめですよ~(^^)。

※ヒソップの精油は、ケトン類の含有量が多く、乳幼児や妊婦、授乳中の方や、てんかん、発熱時

は使用を避けたほうが良い精油とされています。



ヒソップに限らず、

連休どこかにおでかけになる方は、ぜひ精油の携帯をおすすめします♪

気分が優れないときや、気…

IMSI受講生・在校生が活躍するセラピーフェスティバル♪

イメージ
今年もやってきました!

GW初日の、4月29日(土)は、

IMSIでビッグなイベントがあります♪

スクールで学べる自然療法を多くの方が手頃な価格で受けることができ、

セラピストとして活躍する方々は、

IMSIで学ばれている受講生・卒業生です。



私が担当している、

国際プロフェッショナル アロマセラピー ディプロマコースは、

英国式のアロマセラピーを基礎から学び、
国際的に活躍できるプロフェッショナルな応用知識・技術を
身につけていく、とても本格的なコースです。

国内外でプロとしての活躍を目指す方々が
楽しくも真剣に受講しています。

そんな方々が活躍するIMSIセラピーフェスティバル。

アロマセラピー以外の

南アフリカリフレクソロジーや、
ベトナム医道ディエンチャン、
講師によるワークショップやセラピーも受けることができ、
自然療法グッズも買える、

という、とっても楽しいイベントです。


アロマセラピーのブレドメニュー、何にしようかな~
とここ数日考えていて、

直前ですが、、、決まりました(^^)!!

今回で6回目なので、
毎回新しい雰囲気を味わって頂きたいなと、
趣きを変え、季節によってテーマを変え、、、、

工夫しています。

いつもは、ブレンドは当日までお伝えしていないのですが、

今回は、ご提供するブレンドを先にご紹介します♪



季節が春になり、新しい環境で頑張るみなさまを応援したいなと、
香りのブレンドを3タイプ考えました。


A. 緊張やイライラが続く心と身体へ
緊張や身体の強張りを和らげ、落ち着きを取り戻し、 穏やかな満足感を引き出していくブレンド
ラベンダー・トゥルー/レモン/カモミール・ローマン/スコッツ・パイン

B. 頑張って働きすぎる心と身体へ
神経を緩め、解放させながら、情緒的な感覚を取り戻すブレンド
ゼラニウム/グレープフルーツ/ペパーミント/フランキンセンス

C. 【IMSI初、和精油のブレンド!】
  考えがまとまらず、なかなか前に踏み出せない心と身体へ
静寂の深い森に入った時のように、 新しいエネルギーをチャージし、気持ちをクリアにしていきます。
クロモジ/ニオイコブシ/タテヤマスギ



お読み頂いている方は、どのタイプが気になりますか?

香りのサンプルはフェスティバルでお試し頂けますので、

お気軽にお声がけください♪


≪ご宣伝!!≫

C. のブレンドの和精油3種を、

I…

セラピーボランティア vol.3

イメージ
病院ボランティアに今月も行ってきました。

季節が変わるのはあっという間で、もうすぐ2年が経ちます。

だいぶ慣れてきたかな?と思っていますが、

まだまだ新しい気づきがたくさんあります。


今回は、四肢が浮腫むという方を担当し、

施術をしながら、ご家族から、たくさんの質問攻めに合いました(笑)。

「浮腫みを改善するには何を食べたらいいの?」
「どういうしくみで浮腫むの?」
「どこを揉んだらいいの?」

私はお医者さんではありませんよ~(^^;)

と思いながら、

答えられるものだけ答え、あとはお医者さんに確認してくださいね、

とお断りして、マッサージに集中です!


身体はスリムですが、足の甲と足首、手の甲と肘周りに、

目で見てわかる程度に浮腫んでいました。

私は、リラクセーションを目的としているので、

浮腫みだけに焦点を当てているわけではありませんが、

浮腫みって、見た目に出てしまい、おもだるく、

とても気にされる方が多く、よく相談されます。

今回も、リンパの流れにも意識を向けて、ゆっくりと行っていき、

30分のマッサージで、手と足の浮腫みはだいぶ改善されました。

もちろん継続して行い、運動を取り入れ筋肉を動かさないと

また戻ってきてしまいますが、

タッチングの気持ち良さと、四肢がすっきりして、

患者さんからとても喜んで頂きました。

私も喜んでもらえてハッピーです♪


同じ患者さんを毎月担当することはあまりないので、

お会いするときは、一期一会だと思い、

受けてよかったと感じてもらえるよう、

丁寧に挨拶し、心を込めてボランティアをしています。

こちらが謙虚な姿勢でいれば、自然と和やかな会話が進みます。

初めてお会いすると思っていた方が、

実は1年前に受けたことがあります、とお話くださった方がいました。

2回目以降は、お互いずっと前から知り合いだったかのように、

(私だけがそう思っているかもしれませんが。。。)

なぜかお互いの距離がぐーんと近くなっています。

たった2回目、なのにです。

触れ合うことは、気を緩ませ、安らぎを与え、

そして心と感覚の記憶に残るんですよね。

緊張が続く空間の中で、ひととき気を楽にできる、

それが病院で行うセラピーの素晴らしさ。

身体へのアプローチですが、最終的には心に繋がっています。

またひとつ学びを得て、ハートフルな心を患者さんから頂きました♪


ー…

富山で精油蒸留見学~続編~

イメージ
富山蒸留見学続き~!

蒸留したてのホヤホヤの蓋を開けると、



香りとともに蒸気が一気に立ち込め、

湿った空気とクロモジの新鮮な香りが混じり、

エネルギッシュさを体中で感じることができました。


クロモジは、半日陰を好み、3mほどの高さの木で、

細い幹に精油が多く含まれます。

杉林の中に多く生息し、繁殖力もあり、全国で観察できるそうです。




ここAroma selectさんの精油蒸留では、

季節を問わず水温が安定しているため富山の地下水が使われています。

とってもフレッシュなクロモジのハイドロゾルを頂きました。

お風呂に入れると最高の贅沢な時間を味わえるそうですよ。

うらやましいですね!

その他にもニオイコブシやタテヤマスギ、

ヨモギや、ミズメザクラなどの精油を生産されています。

日本らしいこの香りをイギリスの友人にも伝えたいな~

海外でもっと評価されたいいのにな~と

思いが募ります♪


最後にとっても楽しい体験ができました。

蒸留が終わった後の植物は、基本的には廃材になります。

最終的には土に帰りますが、まだまだ暑いクロモジの資材を

そのまま冷めていくのではもったいない!

とっても面白い体験をご提供してくださいました。

まだ熱い湯気が立っているクロモジの枝の中で、足浴♪




立山連邦の美しい山々をバックに

香りを楽しみながらの足浴

ほっこり感動の体験でした~。


<お知らせ>

最後までお読み頂きありがとうございます。

2017年5月10日(水)10:00~12:00 に、

IFPA正会員のための無料勉強会を行います。

テーマは、「日本産の和精油と香り文化の世界」



IFPA正会員の方は無料、
学生会員、一般会員の方は3.240円です。
ぜひ香りの体験&ブラッシュアップに
お待ちしております♪
講座の詳しい内容・お申込みはこちらから


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
担当講座のご案内

自然療法の国際総合学院で、アロマセラピー講師をしています。

2017年春から、新しい講座が始まります!お気軽にお問合せください。

国際プロフェッショナル  アロマセラピーディプロマコース

アロマセラピートリートメント バリエーションアップ講座

アンチエイジングヘッドスパ講座

メリディアンアロマフェイシャル講座

クレンジングとハーバルクレイマス…

アロマのブレンディングとセルフケア

イメージ
自宅で精油のボトルを整理しようと始めたのに、

いつの間にかブレンドをいろいろと試す時間になりました。



アロマのブレンドは、始めたら時間を忘れてしまうくらい、熱中してしまうもの。

でも今日は少し頭が詰まっていて、

疲れているのか、思うようにはすらすらいきません。。。

今日のこの気持ちに素直に従って、最初に選んだのはジャスミン。

ブレンドを試すときは、

いつも必ず読むのが、ガブリエル・モージェイ先生の本です。

他にもいろいろ読む本はありますが、

心と身体、スピリット、東洋医学 の観点から、

精油の香りの想像を膨らませ、イメージ力を養うのには

私にとってはバイブルの一冊。



今日はジャスミンから始まって、

行きついたのが、スパイクナードでした。

神経系と心のバランスを整えてくれて、

情緒を落ち着かせ、緊張や不眠によく用いられます。




「神」を鎮静させ、「魂」を開放させる。。。

「依存してしまう気持ちや嫌悪感を、許しと慈愛の気持ちに変えるてくれます。」

納得です。

精神に対して精油がどう作用するか、いつも勉強になります。

そして、pukkaのnight timeを飲みながらブログを書いています。

このハーブティにも、バレリアンが入っています(^^♪

今日はスパイクナードとバレリアンの繋がりが、

妙に私のハートに届きます~


とっても元気なのですが、

春の季節は、自律神経の乱れを感じるので、少し苦手なのです。

でも、アロマとハーブでセルフケア♫

今日の私には、スパイクナードが助けてくれました。

元気になった!というより、「心身が整う」

というエネルギーを得た気分です。


桜も咲き始め、これからは、植物が芽吹く嬉しい季節ですね~!


新しい期のスタートで、ストレスや、自律神経の乱れ感じていませんか?

アロマの香りを嗅ぐことは、ストレスケア・自立神経の乱れ、免疫を高める

のに最適ですよ。

私が感じるような、自律神経の乱れには、

朝と夜に嗅ぐ香りを分けることがお勧めです。

朝には、ペパーミント・ローズマリー・ブラックスプルース・ユーカリ

などのトップノートで、スッキリ気分をリフレッシュするもの。

夜は、オレンジやラベンダー、ゼラニウムなど、気持ちをゆったりとさせてくれるもの。

もちろんスパイクナードもいいですが、苦手な方もいるかもしれません。

香りで、朝と夜のメリハリをつけ、体内時計のリズ…

富山で精油蒸留見学!

イメージ
春を待ちに待って、、、富山へ行ってきました。

そして初めての北陸新幹線!

東京駅からあっという間に2時間ちょっとで富山駅に到着しました。

今回訪問したのは、和精油の抽出を見学するため。

ここ7.8年で、ものすごくポピュラーになった和精油。

ヒノキやヒバ、ゆずやクロモジ、スギなど、

昔からさまざまな用途に使われてきた日本の植物が、

国内でも海外でも

日本のオリジナルとして広く販売されています。

森林を守るための間伐で、伐採された木々から利用価値を見出し、

最近では各県で、精油生産が盛んになり始めています。

私は使うばかりで、その恩恵に預かっているだけですが、

とてもありがたく思います。

和精油は、どこか懐かしく、そして優しい香り。

ずっと香っていても 不思議と飽きがこなくて、

じわーっと和の調和をもたらしてくれる気がします。

私が日本人だからそう感じるのかもしれませんが。(笑)


今回お伺いしたのは、

Aroma selectさんの精油工場。

立山山麓森林組合の敷地内にありました。

見学にご用意してくださったのは、クロモジ。

同じ重さでも、太い幹より、小枝を集めて蒸留したほうが、

たくさんの精油が抽出できるそうで、

小枝の部分がまとめられて横たわっていました。

こんなにたくさんのクロモジは初めて。

小枝を裂くと、少し重みがあり、
ゆっくりと漂うクロモジの香りが広がります。


下の写真は、クロモジの葉。これは、

薬用酒に使われるそうです。

同じ植物でも、使われかたが違うのは面白いですね。




蒸留場所に足を踏み入れた時から、

クロモジの香りが蒸気熱とともに鼻から伝わり

一気に気血が巡りました。




一度に蒸留するのは10キロ。

芳香蒸留水(ハイドロゾル)の上膜に、

うすーく、精油が見えました。

透明で、近くで見ないとわかりません。

お水は、富山の新鮮な地下水を利用しているそうですよ。

スタッフの方は芳香蒸留水をお風呂に入れて入浴するそうです。

なんて贅沢!うらやましいですね。


枝を粉砕する様子も見せて頂きました。

ものすごい音で、ゴーグルと耳あてをしてされています。

この作業中、50M先の信号で待っている方にも

香りが伝わるそうですよ。

空気が綺麗なのと、クロモジの芳香力のすごさですね。


いよいよ、クロモジの蒸留も大詰めを迎えます。

工場見学後半は、次のブログでお伝えしますね!




第6回IMSIセラピーフェスに向けてアロマ研修~

イメージ
4/29(土)に開催される第6回IMSIセラピーフェスティバルに向けて、

本日2回目のアロマセラピートリートメント研修を行いました。

毎回、ありがたくも満員のご予約を頂くので、

今回もIFPA在校生・卒業生の方が

日ごろの活躍をさらに発揮して頂ける場として、

最大に盛り上がるように、研修にも力が入っています!





セラピーフェスは、IMSIでお伝えしている自然療法を

もっと多くの方に知っていただき、

在校生・卒業生がセラピストとしてお客さまに施術をする機会を提供する

ことを目的に始まったセラピーのイベントです。


IMSIのセラピーを存分に楽しんでいただけるので、

アロマとディエンチャン、リフレクなど、

まるごと受けるかたもいらっしゃいます。


アロマセラピートリートメントでは、

英国式アロマセラピーをたっぷり体験して頂くために、

IFPAディプロマコースの受講生・卒業生の方が施術を担当します。


アロマセラピートリートメントといえば、

「けっこうお値段が高くて、頻繁に受けられない・・・」

と感じる方も多いかもしれませんが、

フェスでは、40分のトリートメントを2.000円で受けることができます。

とってもリーズナブルに、オーガニックなアロマの香りに癒されながら、

トリートメントが受けられますよ!

(下の写真↓は、前回のフェスでご活躍されたセラピストさんたちです!)



今日の研修では、トリートメントの際に、

「丹田」に気を集めましょう。というアドバイスを何度かしました。

頭で考えていることが多かったり、緊張して呼吸が浅くなると、

気が上ってきて、体重移動がうまくできなかったり、

腕の力に頼ろうとしたりします。

「丹田」を意識するような感覚を持ち、

気を落として、施術に集中すると、

トリートメントが変わります。

「さっきと全然違うよ!」

施術の受け手から、そんなコメントが出ました。

不思議なのですが、本当に違いがわかります。


私は施術スタッフとして毎回参加しています。

たくさんの方に喜んで頂けるので、

終わったときの心地よさはとても達成感があります。

今回もご応募くださったセラピストさんと一緒に

楽しくアロマを盛り上げていきますよ~!

お楽しみに!


第6回IMSIセラピーフェスティバルはこちらから



アロマの学びはエンドレス~!

イメージ
今日はとーっても寒かったですね。

3月に入って春を感じることが増えてハッピーだったのに、

今日のこの寒さは、久々に堪えましたね。

寒い~!と思いながら、今日は図書館に出かけました。

普通の図書館ではなくて、香り図書館へ。

フレグランスジャーナル社さんが、開館してくださっている、

香りにまつわる本、ハーブなどの植物の本だけを閲覧することができる

図書館です。絶版になっている本や、最新の本まで、

香りとハーブの本が揃っていて、1日いても飽きません。


スタッフの方もとっても親切で、本を一緒に探してくれたり、

オススメの本を紹介してくれました。

スタッフの方と春にいい香りって何だろうという話になり、

初めてお会いしたのに、香りにまつわるお話がすすみ、

図書館なのに(笑)、ほんわか優しい素敵な時間を頂きました。


家にも、アロマセラピーを学び始めてから、

たくさん本を買い集めてきましたが、

まだまだ知らない本がいーっぱいあって、尽きないです。

そう、アロマセラピーを学び始めると、



たーくさんのジャンルが関連しているので、

学びを深めれば深めるほど、もっと学びたくなるんです。

学びとともに、自分で研究する探究心も必要です。


☆アロマセラピストってどんな学びをしているの?

そんな疑問に、いったい何を勉強しているのかというと、


◆アロマセラピーでまず学ぶこと

1.基本的なアロマセラピーの行い方

2.芳香植物の特徴

3.香りのブレンド法

4.薬用植物の歴史、アロマセラピーの歴史

5.自然療法、植物療法

6.芳香植物の有機化学、安全性

7.植物油・ハイドロゾルの特徴


◆アロマセラピーを行ううえで学ぶべきこと

1.統合療法、補完療法

2.コンサルテーション方法

3. 高齢者、乳幼児、妊産婦などスペシャルな対応

4.ホスピタリティ、倫理、法律への理解 など

5.対症療法、ホリスティック、両方の視点で選ぶブレンド学

◆アロマセラピートリートメントを行ううえで学ぶこと

1.トリートメント技術

2.タオルワーク

3.サービス・ホスピタリティ論


◆心と身体に接するために学ぶこと

1.解剖生理学

2.体表解剖学

3.心理学

などなど。


これからアロマセラピーを学ぼうって思っている方、

え~!こんなに学ぶの? と驚きましたか?


私が学び始めたとき、実際ここまで学ぼうとは考えていませんでした(笑)

1…

2017年春!IMSIでアロマセラピーを学ぼう!

イメージ
卒業シーズンがやってきましたね。





3月は、IMSIのIFPAディプロマコースも1年の節目を迎えます。

4月と7月に始まった73期と75期の受講生は、今月が最終クラスとなり、

2016年度もいよいよ終盤です。

約1年間、アロマセラピーを共に学んだ仲間は、

今後も励まし合い、切磋琢磨できる最高の同志となりますね!

気持ちが通じ合う仲間の存在はとっても大きいです。

私も、アロマ理論と実技のクラスを担当させて頂き、

とても楽しく笑い溢れる話題や、真剣な意見交換などができ、

さまざまな学びがありました。

担当させて頂けたことに感謝しています♪





さてさて、、、

IMSIでは、新しい期に向かって、来年度の準備を着々と進めています!

在校生・卒業生のための新しい講座の新設や、来日セミナー・勉強会の企画もあり、

2017年も、アロマセラピーの学びを深めていける内容をご用意していますので、

ディプロマコースをご卒業されても、ブラッシュアップにぜひいらしてくださいね!

新設の公開講座は、まもなくアップ予定です!





そして、、、

新しくアロマセラピーを学ぼうと気持ちを新たにしている方へ。

私も、最初はアロマという言葉も知らない時に、

精油と出会い、自然療法の学びをスタートしました。

初めて知ることばかりだったけど、

授業を受けること自体が、自分の心身のケアにつながっていくことは、

学びながらずっと感じてきたこと。

授業についていけるか心配な方は、ただただ授業を受けてください(笑)。

その時間は、とても価値ある時間になるでしょう。





初めて新しい分野に挑戦するというのは、

イメージが湧かないことも多いので、不安があります。

お仕事しながらできるかな・・・

家族の協力は得られるかな・・・

他の生徒さんとうまくやっていけるかな・・・

など、様々な疑問や不安があると思います。


そこで、ここ数年、どんな方がIMSIでアロマセラピーを学ばれているか、

ご紹介させて頂きます。


◇ご年齢:30代・・・40%、      40代・・・30%、      20代・・・20%、      50代・・・10%、
学ぼうと思われるタイミングに、年齢は関係ありません。 セラピーを職業にしたい方も、ご退職後のライフワークにしたい方も、 様々なご世代の方が、楽しく学ばれています。 ◇地域:関東エリアだけでなく、    北海道・青森県…